ノートとペン

公認会計士に必要な資格取得を目指す|効率的にできる勉強法

大卒資格を取る

勉強

就業してから大卒資格が必要になってくる場合がありますが、最近では通信教育で資格取得ができるところがあります。そのカリキュラム、学習予定を事前にしっかりと把握し、金銭面でも余裕をもって準備しておくことで、スムーズな教育を受けることができます。

もっと読む

志望大学に合格するために

レディ

予備校の講座を利用する

大学入試で重要な提出物は志望理由書です。近年はペーパー試験だけではなく、推薦入試や面接入試も主流となっている大学が存在します。そのような大学において志望理由書は受験生の勉強の情熱や知識を知る上で非常に重要な書類となります。そして良い志望理由書を書くためには、予備校や通信教育主催の添削講座を受講することを推奨します。その理由は、独学で志望理由書を作成した場合に独りよがりな文章になってしまう可能性があるからです。この点、予備校や通信教育の添削講座を受講することによって客観的なアドバイスを貰えるために志望理由書が具体的で読みやすい内容になります。また志望理由書は受験生の個性を求められる場合があるために、それを指導してくれる予備校の添削講座は人気があります。また、予備校では大学入試の他にも、公認会計士を目指している人に向けた講座も行なってくれます。公認会計士は、国家資格となるため合格を目指すのであればきちんとした勉強が必要となるのです。しかし、予備で勉強する以外にも大学に入学してから勉強する方法や通信講座を利用して勉強をする方法など様々なやり方があるため、自分に合った方法を利用して合格を目指すようにしましょう。

具体的な内容で書く

大学入試で必要となるのが志望理由書です。志望理由書の内容は丁寧に読みやすい文章を書くようにしましょう。添削講座を受講することによって、添削者が丁寧に文章能力を指導してくれます。また志望理由書は具体的な志望動機が求められるケースが多々あります。その理由は、抽象的な内容の場合は受験生の思考力が試験官に伝わりにくいからです。試験官は受験生の熱意や志望動機を大切にしています。なぜなら志望動機が曖昧な学生は入学後に勉強についていけなかったり中退をする可能性があるからです。そのため予備校の添削講座を受講する際は、志望動機を意識して書くようにしましょう。また志望理由書の文章が丁寧な学生は試験官に喜ばれる傾向があります。

空いた時間で学習

婦人

専門的な分野で活躍したい場合、知識や技術に特化している専門学校を利用します。通信教育も受けることができますが、学科のみならず、実技が必要なスキルを身に付けるためには在宅と通学の両方での教育でしっかり学ぶことがポイントとなります。

もっと読む

入試で論文を書く場合

文房具

最近、大学や大学院で小論文入試を必須とする学校が増えています。そのため小論文の添削講座を開講している予備校は数多く存在します。また添削を数多く受けると苦手意識が緩和されるので、いざ本番の試験となった時にリラックスして試験を受けられます。

もっと読む