入試で論文を書く場合|公認会計士に必要な資格取得を目指す|効率的にできる勉強法
男女

公認会計士に必要な資格取得を目指す|効率的にできる勉強法

入試で論文を書く場合

文房具

論理的な文章を目指そう

近年は大学入試だけではなく、大学院入試においても小論文を重視する大学が増えています。その理由は小論文の作成能力というのは、大学入学後のレポート提出や定期試験やゼミの研究発表など様々な場面で必要とされるからです。そのため大学受験予備校では小論文の添削講座を開講しています。小論文の添削において、評価の上で重視される事は論理的な文章です。論理的な文章が評価される理由は、読み手に説得力を与えるからです。また論理的な文章は書き手の思考過程が表現されます。そして読み手を説得できる文章を作成するためには、受験生には物事の本当の理解力や国語能力が必要とされます。予備校で添削講座を受ける場合は、疑問点は添削者に質問をすると学力向上につながります。

多くの論文を書こう

小論文の作成能力を向上させるためには、予備校の講座で添削を受ける事を推奨します。第三者に添削して貰うことによって、自分では気が付かない弱点や知識不足を発見できるケースがあります。また、添削を数多く受けることによって小論文に対する苦手意識が少なくなります。そのため本番でどのような問題が出題されても落ち着いて受験することが可能となります。さらに、添削を受ける場合は答案に質問を書いておくと添削者が回答してくれる場合があります。このような経験を積むことによって知識の幅が広がります。また説得的な文章を書くためには、沢山の良書を読むことを推奨します。良書を読むことによって、自分の中で文章作成のコツを修得することが出来ます。