空いた時間で学習|公認会計士に必要な資格取得を目指す|効率的にできる勉強法
男女

公認会計士に必要な資格取得を目指す|効率的にできる勉強法

空いた時間で学習

婦人

通信・通学、どちらにも対応する専門学校で教育を受ける方は増加傾向にあり、仕事や家庭を持ち、時間に縛りがある方向けとして支持されています。特に通信での教育では、講師との直接的な質疑応答が難しいものの、専門学校では効率的な構成を提案しています。スクーリングとよばれる通学で知識の習得だけではなく、技法など実習中心となる実務スキルを身に付けられる魅力が挙げられています。通信からでも試験対策は可能で、例えば、テキストに沿って設けられた択一問題を繰り返し解くことで、知識の定着を求めることができます。また、専門学校では試験対策セミナーなどが展開されていますし、自分の実力を把握したい場合には会場や在宅での模擬試験で取り組むこともできるため、受験者から人気を集めています。

通学コースが設けられる専門学校では、諸事情によって教室で教育が受けられない場合に通信の併用を提案しています。通学では同じ目的を持つ学生と、講師との学びによって、予想を上回る学びも期待できます。しかしながら、通信の場合にはテキスト中心で個人での学習であるため、例えば、テキストを読む際に納得できないなどの理解や把握までの時間に差が生まれる場合があります。実務経験が必要な場合には実技試験の対策も必要となり、トレーニングを積んだ専門講師の指導が受けられることは重要視したい点です。専門学校によっては、1日・半日のスクーリングを設けているケースも多く、利用すべき充実した内容が展開されています。例えば、午前に基礎を復習し、午後にロールプレイングで実践することで在宅での学びを飛躍的に高められます。